不動産売却ガイド 埼玉南部編 » 不動産売却の事例集 » 相続物件

相続物件

相続が発生し、その中に貯金や証券などとともに、「不動産」も含まれている場合。まずは、司法書士事務所などに、遺産分割のことや相続不動産の名義変更の手続きなどの問題を相談していきます。相続に関しては、複雑な手続きが多く、相続人が多い場合も対応を間違えないためにも専門家へ任せておくべきでしょう。不動産を取得する場合は、相続税や相続登記の費用などがかかります。

このような相続の手続きを経て、取得した土地や建物は、「売却する」というケースはとても多いです。

相続物件を売却するメリットとは…

相続物件を売却するデメリットとは…

このようなメリット、デメリットをよく考え、土地の売却は慎重に家族で話し合うべきです。そして、その土地を売却することになったら、その土地のエリアの評価額を知ることが大切となります。

相続物件売却の流れ

土地売却のおおまかな流れを知っておくと、不動産業者に依頼する際にスムーズです。

  1. 相場を調べ、資料等を用意する。
  2. 物件の査定を数社に依頼する。
  3. 不動産仲介業者を選び、売美契約を結ぶ
  4. 売買活動スタート
  5. 購入者との価格交渉
  6. 売買契約
  7. 引き渡し
  8. 確定申告の手続き

相続不動産の売却にかかる税金のこと

相続した不動産を売ると、様々な税金がかかります。売却差益にかかる税金である「譲渡所得税」、住民税、印紙税、登録免許税、消費税などもあります。
相続物件の売却後に忘れてはならないのが確定申告です。不動産譲渡所得税が課税されますが、相続税の取得費加算の特例で税金を安くすることができますので詳しくは税務署などで相談しましょう。

相続物件の売却実例

相続物件は、税金等の相続に関する知識のある業者に任せると安心です。このサイトで紹介しております買取業者では、仲介では難しいスピーディな適正価格での直接買取で、相続問題を解決した事例が多くあります。

CASE1 蕨市の土地

蕨市の土地

画像引用元:ネクスト・リアルプラン公式サイト
(https://www.next-rp.co.jp/case)

相続で所有されていた土地。遠方にお住いで、長期間更地の状態で放置されていました。出張により買取額の提示、手続等は業者で行い、負担なく売却することができたそうです。

CASE2 さいたま市の土地

さいたま市の土地

画像引用元:ネクスト・リアルプラン公式サイト
(https://www.next-rp.co.jp/case)

相続により、それぞれ所有者が遠くの県にお住まいでした。共有者が多くて意見がまとまらず、固定資産税の負担もあるために売却することに。仲介業者によって兄弟間の意見がまとまり、スムーズに契約がすすんだとのことです。

CASE3 さいたま市の一戸建て

さいたま市の一戸建て

画像引用元:ネクスト・リアルプラン公式サイト
(https://www.next-rp.co.jp/case)

相続により取得した家は、家財道具がそのまま残された状態のままに。売却の際、家財の処分、解体業者の紹介等も不動産業者が引き受け、提示価格も高く売却されました。

イラスト
さいたま市のおすすめ
不動産売却業者
埼玉南部おすすめ

不動産売却業者を見る

イラスト
埼玉南部おすすめ不動産売却業者