不動産売却ガイド 埼玉南部編 » 知っておきたい不動産売却の基礎知識

知っておきたい不動産売却の基礎知識

不動産の売却は人生の中でそれほど頻繁に起きることではありません。それだけに知識不足により不動産会社に頼りきりになって失敗するというケースも少なくありません。

そこで自宅や所有している土地の売却を検討している方が、不動産会社に相談に行く前に知っておくべき基本的な知識をまとめました。

売却の流れ

最初に不動産売却の目的を明確にし売却の相談をします。説明に納得したら物件の査定を依頼。仲介か買取かを決め、仲介依頼の場合は媒介契約を結びます。売却活動がスタートし、購入希望者が見つかったら価格や引き渡し条件など調整。売主・買主ともに納得の上で売買契約を結び、売買金の受領と同時に引渡し手続きをします。

不動産売却の流れを見てみる

仲介と買取の違い

不動産売却には仲介と買取の2種類の方法があります。不動産会社に物件の買い手を探してもらうのが仲介で、物件を直接不動産会社に買い取ってもらうのが買取です。仲介は高く売却できる可能性は高いですが時間と仲介手数料がかかり、買取は買取金額は低めですが売却に時間がかからず仲介手数料は不要です。

不動産の仲介と買取の違いを見てみる

仲介手数料の仕組み

仲介手数料とは売却が成立した際に仲介した不動産会社に支払う報酬のことです。成功報酬ですがその金額は宅地建物取引業法で上限が決められています。また仲介手数料には片手と両手の仲介の違いがあり、買主と売主両方から仲介手数料を得る両手にこだわる不動産会社の場合、囲い込みのリスクがあります。

不動産売却の仲介手数料の仕組みを見てみる

税金について

不動産を売却した際には印紙税、登録免許税などの税金がかかりますが最も注意したいのが譲渡所得税です。収入金額-取得費-譲渡費用として計算されますが、不動産の所有期間によって税率が変わったり、居住用不動産の場合は3,000万円の特別控除や軽減税率の特例が適用されることがあるので確認が必要です。

不動産売却時にかかる税金を見てみる

必要書類

不動産売却時に必要な書類としては本人確認書類・印鑑証明書等、登記済権利書または登記識別情報、固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書、土地測量図・境界確認書、建築確認済証および検査済証、建築設計図書・工事記録書等、マンションの管理規約または使用細則・マンションの維持費関連書類があります。

不動産売却に関わる必要書類を見てみる

イラスト
さいたま市のおすすめ
不動産売却業者
埼玉南部おすすめ

不動産売却業者を見る

イラスト
埼玉南部おすすめ不動産売却業者