不動産売却ガイド 埼玉南部編 » 知っておきたい不動産売却の基礎知識 » 仲介と買取の違い

仲介と買取の違い

ここでは不動産売却での買取と仲介の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて解説しています。

買取と仲介の2種類ある不動産売却の方法

不動産売却の方法には2種類あります。一つは不動産会社に物件の買い手を探してもらう「仲介」で、もう一つは売却したい物件を直接不動産会社に買い取ってもらう「買取」という方法です。

仲介は売主の希望金額に応じて不動産会社に売却を依頼することになりますので、買取に比べると高い金額で売れる可能性が高くなります。不動産会社はちらしやネット広告などを使って売却活動をしますが、すぐに買い手が見つかるとは限りません。

仲介による売却を依頼する場合は不動産会社と媒介契約を締結し、買い手が見つかって売却ができたら売主は不動産会社に対し仲介手数料を支払います。

買取の場合の買主は直接不動産会社になるため、売却のための広告宣伝活動が不要で、価格査定から契約、引渡までの時間が非常に短くて済みます。また周囲に売却することを知られてしまうこともありません。

また仲介のように媒介契約を結ぶことはなく仲介手数料を支払う必要がありません。但し、不動産会社は買い取った物件をリフォームするなどしてから転売しますので、買取金額は相場より低めに設定されることケースが多くなります。

仲介と買取ではどちらがお得?

不動産の売却を仲介にするか買取にするか決めるためには、まずそれぞれのメリット・デメリットをしっかり把握した上で、自分の目的に合った方を選ぶことが重要です。

以下に仲介と買取のメリット・デメリットについて比較表にまとめました。

  仲介  買取
メリット   ・希望する価格で売却できる可能性が高い  ・売却するまでの時間が短い(すぐに現金化)
・近隣や周囲の人に知られることなく売却が可能
・仲介手数料がかからない
・売主の瑕疵担保責任が免責される
デメリット   ・すぐに買い手が見つからず売却まで時間がかかることがある
・仲介手数料がかかる
・内見で第三者に物件を見られることになり、在宅など時間の調整が必要
・瑕疵担保責任を売主が負わなければならない
 ・買取金額が相場より低めになることが多い

それぞれのメリット・デメリットから仲介と買取では、売却する際の時間と価格が異なることがわかります。

時間や手数料は多少かかってもよいので少しでも物件を高く売りたいという人は仲介がおすすめで、安全・確実・スピーディに売却したい人は買取がおすすめということになります。

イラスト
さいたま市のおすすめ
不動産売却業者
埼玉南部おすすめ

不動産売却業者を見る

イラスト
埼玉南部おすすめ不動産売却業者