不動産売却ガイド 埼玉南部編 » 知っておきたい不動産売却の基礎知識 » 売却の流れ

売却の流れ

ここでは不動産売却を決めた時から物件の引き渡しを行い手続きが完了するまでの流れを解説しています。

相談から物件の引渡しまで

不動産売却を行うためには不動産会社に相談が必要になりますが、その前にやっておくべきこととして売却の目的や動機などを明確にしておくことがあります。

それにより自分にとって最適な売却の方法が変わってくるからです。目的や動機が整理できたら以下の順番で不動産売却を進めていきます。

1.売却の相談

不動産会社に売却の相談をします。事前に物件の周辺相場を調べたり最適な売却時期など基礎知識をつけてから専門家からのアドバイスを受けた方が理解しやすいですし、自分のペースで話を進めることができます。

2.物件の査定を依頼

売却する物件の査定を依頼します。無料で査定を行っている不動産会社もありますので、時間に余裕がある場合は複数の不動産会社に依頼して、プロの目から見た意見を聞いたり物件がどう評価されるかを把握します。

3.媒介契約を締結

不動産会社が直接物件を買い取る場合は価格交渉をして売買契約に入りますが、仲介を依頼する場合は媒介契約を結びます。希望する売却方法に応じて専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約から選びます。

4.売却活動スタート

不動産会社と相談して売り出し価格を決め売却活動に入ります。物件検索サイトや不動産会社のホームページに掲載するなどして購入希望者を探します。購入検討者が内見に来ることもありますので準備をしておきます。

5.買主と売買契約を結ぶ

購入希望者と価格や引き渡し条件など調整を行い、売主・買主ともに納得し話がまとまったら売買契約を結びます。契約前にトラブル防止のため、物件に関する情報を正確に伝えます。買主から手付金を受け取り契約内容を確認します。

6.引渡し手続き

買主から売買金を受領するのと同時に物件の引渡しを行います。住宅ローンの残債がある場合は抵当権の抹消を行い所有権の移転など登記手続きを行います。物件引渡し時には売主・買主双方立会いの下で最終確認を行います。

イラスト
さいたま市のおすすめ
不動産売却業者

知っておきたい不動産売却の基礎知識

埼玉南部おすすめ

不動産売却業者を見る

イラスト
埼玉南部おすすめ不動産売却業者