不動産売却ガイド 埼玉南部編 » さいたま市でおすすめの不動産売却業者 » さいたま市の一戸建て売却相場

さいたま市の一戸建て売却相場

埼玉県内でも特に人気・需要が高いさいたま市での一戸建売却相場を調査。エリア別に一覧にしてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

エリア別の売却相場

一戸建ての売却価格は最寄り駅からの距離や築年数、家の広さによって大きく異なるもの。エリアによる違いを知るため、平均坪単価を調査しました。その結果、浦和区が最も高く坪単価144.6万円。48坪の一戸建ての場合は売却価格6,904.8万円になります。

さいたま市全体での一戸建て売却相場は4,940.5万円ですので、2000万円もの差があることに。都心へのアクセスが良く、駅近くにはショッピングモールが充実する浦和区の需要・人気が特に高いことがうかがえました。

次いで、さいたまアリーナ有する中央区、さいたま市で最も人口が多い南区、交通アクセスが良く生活の利便性も確保された大宮区が続きます。

売却相場一覧

エリア名 平均坪単価 48坪の一戸建ての場合
浦和区 144.6万円/坪 6,940.8万円
中央区 128万円/坪 6,144万円
南区 125.1万円/坪 6,004.8万円
大宮区 122.2万円/坪 5,865.56万円
北区 101.7万円/坪 4,881.6万円
緑区 100.3万円/坪 4,814.4万円
桜区 94.3万円/坪 4,526.4万円
西区 81.1万円/坪 3,892.8万円
見沼区 80.7万円/坪 3,873.6万円
岩槻区 69.5万円/坪 3,336万円
さいたま市の一戸建て売却事例
所在地 沿線・駅 売却価格 間取り 土地面積 建物/固有面積 売却時期
埼玉県さいたま市南区神明1丁目 JR京浜東北線 南浦和 3,000万円台 3SLDK 83.00m2 94.00m2 2015年春
埼玉県さいたま市南区文蔵5丁目 JR京浜東北線 南浦和 4,000万円台 2SDLK 107.00m2 124.00m2 2016年冬
さいたま市中央区本町東3丁目 JR埼京線 与野本町 3,000万円台 4LDK 101.00m2 101.00m2 2017年冬
埼玉県さいたま市浦和区仲町4丁目 JR京浜東北線 浦和 4,000万円台 4SLDK 73.00m2 113.00m2 2017年冬
埼玉県さいたま市北区櫛引町2 埼玉新都市交通伊奈線 鉄道博物館 3,600万円台 4LDK 90.0m2 97.0m2 2018年秋
埼玉県さいたま市岩槻区城南 東武野田線 岩槻 2,600万円台 4LDK+S 289.01m2 116.76m2 2018年秋
埼玉県さいたま市北区奈良町 JR高崎線 宮原 2,300万円台 4LDK+S 189.41m2 166.44m2 2018年09月
埼玉県さいたま市北区日進町2 JR川越線 日進 1,900万円台 4LDK 118.3m2 94.6m2 2018年10月
埼玉県さいたま市緑区東浦和 JR武蔵野線 東浦和 4,700万円台 4LDK 111.23m2 98.74m2 2018年11月
埼玉県さいたま市浦和区木崎2 JR京浜東北線 与野・さいたま新都心 3,300万円台 3LDK+S 116.49m2 99.91m2 2018年12月
埼玉県さいたま市見沼区大字御蔵 JR京浜東北線 北浦和 2,199万円台 4LDK 116.15m2 100.19m2 2019年冬
埼玉県さいたま市大宮区三橋1 JR京浜東北線 大宮 3,100万円台 2LDK+S 113.77m2 93.43m2 2019年冬
埼玉県さいたま市見沼区大字御蔵 JR京浜東北線北浦和 2,100万円台 4LDK 116.15m2 100.19m2 2019年冬
埼玉県さいたま市岩槻区大字鹿室 東武野田線 岩槻 1,280万円台 3LDK 100.22m2 92.74m2 2019年冬
埼玉県さいたま市西区指扇領別所 JR川越線 指扇 2,890万円台 4LDK 82.94m2 92.33m2 2019年冬
埼玉県さいたま市桜区大字大久保領家 JR武蔵野線 西浦和 2,900万円台 4SLDK 112.43m2 97.60m2 2019年春
埼玉県さいたま市緑区大字中野田 埼玉高速鉄道 浦和美園 2,000万円台 4LDK 150.0m2 112.0m2 2019年02月

【最新版】さいたま市の一戸建て売却事情

市全体で人気が高いのはファミリー向けの一戸建て物件

東京へのアクセスが良く、生活の利便性も確保されているさいたま市。人口も毎年増え続けている人気都市です。

2018年の一戸建て売買件数は301件。前年と比べると6件減ですが依然として需要が高く、近年では延床面積100m2未満のファミリー向けの物件数が増加しています。

もちろん、「ファミリー向けの一戸建てであれば確実に売れる」というわけではありません。さいたま市で一戸建てを売却する際のポイントは、エリアに強い不動産売却業者を選ぶこと。

さいたま市は浦和・大宮・与野が合併してできた、県内で2番目に大きな市です。エリアによって居住者の層や求められる条件が異なり、売却相場にも幅が出るのが特徴。そのため、さいたま市の各エリアの需要を知り尽くした地元の不動産売却業者を選ぶのがオススメです。

取引物件の平均築年数が減少傾向に

最近のさいたま市の一戸建て売却事情として挙げられるのは「平均築年数が減少して、比較的新しい物件の取引が増加していること」。2017年の平均築年数は9.9年でしたが、2018年には8.4年となっています。

さいたま市は都心と比べて不動産価格がリーズナブルで、中古物件よりも新築物件のほうの需要が高い傾向にあります。中古でも、比較的新しい物件が求められるのはおかしいことではありません。

築年数が平均~それよりも古い場合は、売却にかかる時間が長期化する可能性も…。不動産売却業者を選ぶ際はスピーディーな売却が狙える業者か、買取にも力を入れている業者に任せたほうが良いでしょう。

さいたま市で一戸建てを売却するなら!
おすすめの不動産売却業者を見る

さいたま市でおすすめの不動産売却業者

埼玉南部おすすめ

不動産売却業者を見る

イラスト
埼玉南部おすすめ不動産売却業者