不動産売却ガイド 埼玉南部編 » 蕨市でおすすめの不動産売却業者 » 蕨市の一戸建て売却相場

蕨市の一戸建て売却相場

全国で最も小さな市・蕨市の一戸建て売却相場をリサーチ!気になる売却相場をエリアごとに分かりやすくまとめました。蕨市における近年の一戸建て取引事情もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

エリア別の売却相場

蕨市全体の一戸建て売却相場を調べたところ平均価格5,733.7万円、平均坪単価は117.1万円でした。

エリア別に細かく見ると、最も高いのは蕨駅を有する蕨市中央エリアで平均坪単価126.3万円。もし蕨市中央で45坪の一戸建てを売却する場合は5,600~5,700万円が相場となります。続いて戸田駅へのアクセスが優れた蕨市錦町、蕨駅へのアクセスが優れた蕨市南町が続きました。

いずれのエリアも平均坪単価100万円を超えており、最も高いエリアと安いエリアを比較しても差額は20万円以内。さいたま市や戸田市と比べるとエリアごとの差は大きくないようです。全国で最も面積が小さい蕨市ならではの特徴かもしれません。

売却相場一覧

エリア名 平均坪単価 45坪の一戸建ての場合
中央 126.3万円/坪 5,683.5万円
錦町 124.8万円/坪 5,616万円
南町 115.7万円/坪 5,206.5万円
北町 109.7万円/坪 4,936.5万円
塚越 107.6 万円/坪 4,842万円

【最新版】蕨市の一戸建て売却事情

夫婦のみ世帯の需要も検討

蕨市の一戸建て取引データを見てみると、30~45坪といった比較的小さい物件の売買が多いのが特徴。

ほかの市ではファミリー向け物件の需要が抜きん出て高いのに比べ蕨市では、子どもを持たない世帯(DINKS)や子どもがすでに独立している世帯向けの一戸建て需要も高いようです。こういった層も視野にいれて、売買を考えると良いでしょう。

築年数40年以上の古い一戸建ても需要アリ

2018年に行われた蕨市の一戸建て取引全10件のうち、6件は築40年以上を超える高経年物件でした。これは顕著な例ですが、2016・2017年においても約1.5割が築40年以上の高経年物件。築20年以上にすると、その割合は約4.5割にも達しました。蕨市では高経年物件の取引が活発に行われているようです。

相続したはいいが放置していた、古いから売れないだろうと思っていた…そんな物件でも、もしかしたら予想を超える高値が付くかもしれません。

ただ蕨市での一戸建て取引価格はここ3年間下落傾向にあります。賢く不動産売却するなら、適正価格でスピ―ディーに売却してくれるスピード重視の不動産売却業者を選ぶのが◎です。

蕨市で一戸建てを売却するなら!
おすすめの不動産売却業者を見る

蕨市でおすすめの不動産売却業者

埼玉南部おすすめ

不動産売却業者を見る

イラスト
埼玉南部おすすめ不動産売却業者